DON'CRY(ドンクライ)

アニメやマンガ、ゲームに小説、音楽など、「作品」によって孤独から救われて生きている人のためのメディア

クリエイターを諦めた僕でも熱くなる。『映像研には手を出すな!』の水崎ちゃんを語りたい!

f:id:don_cry:20171111135503j:plain

大童澄瞳(おおわら すみと)氏による、『映像研には手を出すな!』という漫画がとにかく面白い!

〜あらすじ〜

アニメ制作 × 女子高生、青春冒険譚!

アニメは「設定が命」の浅草みどり、カリスマ読者モでアニメーター志望の水崎ツバメ、金儲けが大好きな美脚の金森さやか

ダンジョンへ、戦場へ、宇宙へ--

想像の翼を広げて、電撃3人娘が「最強の世界(映像)」を創り出す!

月刊!スピリッツ」連載時よりSNSで「すげえ漫画が始まった!」と驚異の拡散! 天才、出現!!

オタクとして生きる人生を励まされることが多い、この漫画。

「主役3人のキャラから誰か選んで語ってみて」と編集長に言われ、 僕が選んだのは、水崎ツバメちゃん(上の画像一番右)。浅草ちゃんと金森氏の仲に後から入ってきて、 化学反応を起こした子である。

では、どこを語りたいかといえば、やはり彼女と親の関係性だろう。
(※※以下、ネタバレを含むので2巻を読んでない方は回れ右!※※)

 

こだわりで自分を救い、生き延びる

映像研2巻は、彼女がフィーチャーされた巻だった。 特に素晴らしかったシーンはここ。

私はチェーンソーの刃が跳ねる様子が観たいし、 そのこだわりで私は生き延びる。

大半の人が細部を見なくても、私は私を救わなくちゃいけないんだ。

動きの一つ一つに感動する人に、私はここにいるって、言わなくちゃいけないんだ。

そう宣言するシーンだ。

f:id:don_cry:20171111135503j:plain

(出典:映像研には手を出すな! / ©小学館

何度読み返しても、心の奥の熱い部分の温度が上がる。

そう、言わなくちゃいけない

「好き」を追求するなら、自分で自分を救って、大声をあげないといけない。

f:id:don_cry:20171111135503j:plain

(出典:映像研には手を出すな! / ©小学館

そうやって、「自分だけが分かればいい」と「全員に認めてもらいたい」の間を行き来するのが、クリエイターの人生なのだ。

 

クリエイターは諦められても、「好き」は諦められない

f:id:don_cry:20171111135503j:plain

(出典:映像研には手を出すな! / ©小学館

僕は、高校のときに小説を書いて、大学のときに映画を撮って、挫折した。

親にはずっと理解されなかった。

学校に行ってる最中に机を漁られて、書いてる途中の小説を読まれて 、「ああいうので食べていくのは、無理だと思うぞ」って言われた時は、身体が熱くなって頭が沸騰しそうになった。

「今に見てろよ凡人」

そう思いながら、部活が終わった後、深夜に書き続けた小説はあっけなく落選した。

でも、今なら分かる。なんでそこまで、「無理だ」と言われてカチンときたか。

多分、うっすら自分も感じてたからだ。 自分はクリエイターじゃない。自分のような才能では、面白い作品なんかつくれない。

そうして、編集者やプロデューサーを目指した。

自分でつくれないならば、せめて、 自分の好きを突き詰めるために生死をかけている人を、人生を賭けて応援したくなったのだ。

水崎ちゃんは、「役者になれ」と言われていた両親に、 映像研でつくった渾身のアニメを見せて、

「ツバメの才能は観察眼なのよ」

「でもほら、知らないうちに、独創性も持ったんだ。」

そう認めさせることができた。

f:id:don_cry:20171111135503j:plain

(出典:映像研には手を出すな! / ©小学館

更に彼女は、両親に対しこう漏らす。

「私が生きる」ってことは、こういう物をひたすら作るってことなんだって。

これは、もう、どうしようもない。

f:id:don_cry:20171111135503j:plain

(出典:映像研には手を出すな! / ©小学館

かっこいい。
心の底から、その生き方を応援する。

今の僕はクリエイターとして生きるつもりはないが、 その道を諦めたからこそ、ほかの道を探すことが出来た。 そして、ようやくその道が見えてきたところだ。

人には向き不向きがあって、強みと弱みがある。

そして同時に、自分の「好き」だってある

少し腐った時期もあったが、彼女が「私が生きる」理由を見つけ、周囲にそれを認めさせてゆく姿を見て、熱くなれた僕の心はまだまだ捨てたものじゃない。そう思えることができた。
ありがとう、映像研。 

書いた人:匿名希望のプロデューサー

 

紹介した漫画:『映像研には手を出すな!』

映像研には手を出すな!(1) (ビッグコミックス)

映像研には手を出すな!(1) (ビッグコミックス)

 

試し読みは、こちら映像研には手を出すな 【作品TOP】 | ビッグコミックBROS.NET(ビッグコミックブロス)|小学館から!

漫画家、大童澄瞳氏のアカウント